あの練習曲が映画音楽に…☆

今朝、いつものように「めざましテレビ」を見ていたら、今週公開の映画「そして父になる」に出演している福山雅治さんとリリー・フランキーさんへのインタビューがありました。

その時、バックに流れているピアノ音楽が、どこか聞き覚えのあるような、というか、この曲弾いたことあるような…???

 

あっ!!ブルクミュラーの”清い流れ”だー!!!

 

えーっ?!この映画の音楽ってあのブルクミュラー???

と、ちょっとした衝撃が走りました☆

 

ブルクミュラーといえば、長年バイエル修了後の次の練習曲集として親しまれてきたピアノ曲ですが、まさか映画に使われているとはびっくり☆

映画音楽にクラシックが使われることはよくありますが、ブルクミュラーの曲が使われることってかなり珍しいのではないでしょうか…

 

さっそく映画の公式サイトをチェック☆

ここでは同じくブルクミュラーの”素直な心”が流れてきました♪

さらにサントラも調べてみる私(^^)

どうやらブルクミュラーの曲はこの2曲で、主にバッハの”パルティータ第2番”や”ゴールドベルク変奏曲”が中心のようです♪

”ゴールドベルク”の方はグレン・グールドの演奏と書いてありました!ほほぅ~…

 

もともとカンヌ国際映画祭審査員賞受賞で話題のこの映画、さらに興味深くなってきました~♪

どんな場面でこれらの曲が流れてくるのか気になりますね!

お休みに映画館行って観てこようかな(^^♪

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    toko (日曜日, 29 9月 2013 09:55)

    ホントに(@_@;)映画音楽にブルグミュラーとは・・・。めったに有りませんよね~~!早速、映画のホームページを見てみます♪♪